いいのコミュニティネットワーク 〜 UFOの里 飯野町情報サイト 〜
「いいのこむねっと」にようこそ!ごゆっくりお楽しみ下さい♪  
いいのメニュー
観光スポット
赤岩山
 伝承によれば、八幡太郎義家が木幡山から石を投げて、落ちたところが赤岩だった。石が岩に当たった時に大きな花火が出て、あたり一面の巨石が赤く輝いたことから赤岩と呼はれるようになりました。

Podfeed

ポッドキャスティングの受信ソフトに上のバナーをドラックすると、 番組が更新された時に自動でダウンロードされるようになります。

検索
2015-01-14: こっこ鳥
担当者 la-la-la  登録日時 2015-01-05 18:43 (533 ヒット)

○福島市飯野町の恒例行事「こっこ鳥」が開催されます。
「こっこっこっこ」と鶏の鳴き声を真似て、商店や民家を回ると お菓子がもらえるこの行事、
近年では飯野のハロウィンと言われています。 本来は厄年の方が、
厄を「流す、飛ばす」の意味で洗剤や紙風船や凧などを配っていたらしいのですが、
いつしかお菓子も配られるようになったとのことです。
※「こけこっこー」と鳴くのはNGです。


○「こっこ鳥」には、いくつか俗説があります。

・「こっこっこっこっこ」と鳴くことによって、
飯野町に結界をはり、侵略者から町を守っている。
「こけこっこー」と鳴くと、結界が弱まってしまう。

・そもそも、こっこ鳥は死者を蘇らせる儀式。
子供達に「こっこっこっこっこ」と鳴かせることによって、
儀式の成功率があがる。
ただし「こけこっこー」と鳴かれてしまうと、死者の祟りにあう。

あくまでも俗説です。
信じるか信じないかはあなた次第!(笑)



copyright (c) 2007 飯野コミュニティネットワーク All right reserved